ダイエットの為?顔がコケた?

食事制限的なダイエットしています。それで体重は少し減ったのですが『疲れた顔やな。やつれたって感じやで。』と言われる様になりました。ダイエットのため顔がコケてしまったせいなのか?

確かに、顔がやつれた感はあります。自分でも自覚出来る位。顔色も余り良いとは言い難いかな。一番思うのは、もともと頬骨が出てるので痩せるとコレが目立ってしまう事も原因の一つなのかも。

自分の顔を鏡で見ると毎日の事なので気がつきにくい。たまたま写真を貰った時、自分の顔を見てビックリ!かなり顔がコケてる様に見えたんです。

こんな顔だったなんて。。。とショックを受けてしまい、ダイエットも何となく気が薄れてきてしまう状態。綺麗に成れていないなら、している事に意味は有るんだろうかって。

顔が健康的な感じで痩せられる方法無いかな。適度な運動でもナカナカ続かないので運動系統でないダイエット方法が良いんだけどな。健康=運動って感じだから難しいのかなぁ~。

いくら痩せたと言っても、顔はコケるまで痩せると服も決まりませんからね。健康的に痩せるのが一番ですね。

睡眠は大事

若い頃はよく寝ました。
学校が休みとか部活が休みとか一日中でも寝ていられるくらい。
若いから寝れるのだと思ってました。
でも大人になっても、寝るが好きなのです。

就寝時間は早いのに、起きるのは遅い。
子どものお世話とか夫の弁当とか作らなきゃいけないのに眠い、そんな毎日です。
睡眠って人間の人生の中でかなりの時間を使っています。
美容や健康とは切り離せないのが睡眠です。
寝ることはとても大事なのですが、その中身が重要なのです。

質の良い睡眠をとることが美容や健康への第一歩です。
睡眠は体を休め、”成長ホルモン”によって細胞を修復する重要な時間です。
この”成長ホルモン”は寝てから3時間の深い睡眠時に出ることからぐっすり眠れると効果があります。
しかし現代の社会では仕事が忙しいなどということから睡眠時間が取れない、眠れないという
人も多くいます。

不規則な食生活、ストレスなども原因の一部になります。
ここちよく眠るという美眠を工夫することが必要です。
様々な不良睡眠として、眠りたいが眠れないという症状があります。
夜勤勤務などで、眠る時間が不規則になったり、強制的に生活リズムが乱されている場合になるそうです。

やはり太陽の光を浴びてから目が覚める、部屋を暗くして眠りにつくという人間の体のしくみを変えることはできません。
寝る時間が不規則な人は、遮光カーテンを使ったりして光をコントロールすることも必要です。
人が眠くなるのは”メラトニン”というホルモンが分泌されることによって促されます。

これは夜寝る前に部屋を暗くしたり、テレビを消したりすることで分泌されやすくなるそうです。
間接照明は暖色系のオレンジなどが好ましく、日本人はさくら色もいいそうです。
また寝る前にコーヒーなどのカフェイン飲料を飲むのも、脳を覚醒させるということで、美眠を妨げます。

また成長ホルモンは夜の10時から2時までに多く出るそうです。
脂肪を燃焼させる”コルチゾール”は朝方のレム睡眠のときに多く出るので0時までには眠りにつきたいですね。

また、今睡眠グッズも人気が出ています。
固めのマットレスや自分の体に合った枕を使うことで、寝ているときの姿勢を良くして体の負担を減らします。
体に合った寝具を使わないと体のゆがみの原因になったり、むくんだりと不健康になったりします。
自分の睡眠時間や睡眠の質、寝具を見直してみて、気になることがあった場合は改善してみると美眠になり、体もお肌も快適になりますよ。

やっぱり効果あるのかな

エステやマッサージも人気ですが、体を鍛えたりダイエット目的でジムに通う人も多いですよね。
需要が増えているのか、お店も続々と出来てきています。
女性専用のジムもあったり、マンツーマンのジムもあったりします。

女性専用のジムは男性がいないことにより、すっぴんで思いっきり打ち込めたり、男性の目が気になる人にはとても落ち着く空間であることは間違いないです。
ダイエット目的だとどうしても他人の目が気になるから、異性がいるとやりにくいですよね。
そしてその他人の目が同性でも気になるという人のためのものが、マンツーマンのジムです。

これは他人の目が気になるということ以外にも、トレーナーが専属で専門的にアドバイスをくれたりすることで、トレーニングの内容が濃密に効果が出ることもあります。

本格的に筋肉をつけたい男性や切羽詰まったダイエットをしたい女性などにはうってつけかもしれないですね。
ただし、専属トレーナー契約のようなものなので、お値段がやっぱり違ってくると思います。

でも闇雲にジムでトレーニングして大して痩せないのなら、お金払ってでも自分に合ったダイエット方法を指導してもらう方がいいのではないのかな、と思います。

私も様々なダイエットを試していますがどれも効果がイマイチです。
ジムに通っていたときもありましたが、やはり続かないこともありました。
専属のマンツーマンジムなら、通わないといけないですし、自分に合った一番よい方法をプロが考えてくれるから効果が出そうかなと思っています。

これは健康にもつながるからいいことですよね。
一度行ってカウンセリングだけでも受けてみたいです。

にんじん食べてますか?

何気に身近な食材であるにんじん。
主役になることは余りないけれど、常に脇役の常連だったりもする。
そんなにんじんの役割とは何なのでしょう。
まずは鮮やかな彩りということがあげられます。

食事をする際には見た目の彩りの鮮やかさが大事になります。
またその色によって栄養素も異なるので、なるべくたくさんの種類の色の食品を
食べた方が良いことになります。
そんな赤い色がとってもきれいなにんじんの効果とは何なのか。
まずは抗酸化作用のあるβ-カロテンが非常に豊富に含まれているということです。

このβーカロテンとは、色素の成分です。
抗酸化作用があり、活性酸素を除去してコレステロールの酸化を抑えます。
このことが動脈硬化の予防に効果があり、抗がん作用もあるといわれています。
にんじんの1/4本で青じそ30枚分もの基準量が取れるそうです。
しかも生やゆでて食べるより油と一緒にとるのが効果的なのだとか。
脂溶性なので吸収率が上がります。

なにより驚きなのは皮はむかずに食べるのがいいのです。
外側に栄養や旨味が凝縮されているので、むかずに食べてより栄養を吸収したいものですね。
選ぶなら鮮やかで軸の小さなものがよいとされています。
内側の芯にはカロテンも旨味も少ないので、芯と繋がっている軸が小さいものがよいのです。
また保存方法は、夏場は冷蔵庫がよいですが、冬場だと冷暗所がいいそうです。
湿気と乾燥に弱いので新聞紙とビニール袋で保存することによって、カロテンも旨味も増します。

主人が加圧シャツでぽっこりお腹をへこませる事ができた!

加圧シャツというと、本当に痩せる事ができるの?と思うところがありますね。

実際にこの私も、シャツをきるだけで痩せるなんて、嘘だと思っていました。

ところが実際にためしてみると、本当に痩せる事ができたのです。しかも、無理なく痩せる事ができたので、私を見て主人もびっくりしていました。

主人がビックリしたのは、どんなに運動をしても納得出来る効果を感じる事ができなかったからです。

週に一回行っているトレーニングジムで運動をしても、痩せる事ができません。

メタボと診断をされているので、これは大変と思う様になっていたのです。

そんな時、私の痩せている姿を見て、私が痩せる事ができた加圧シャツを欲しがるようになりました。

<参照サイト>https://着るだけで痩せるシャツ加圧効果.com/

そして主人も、加圧シャツを購入したのです。
すると運動をするたびに、腹筋が刺激されているような感じがすると喜んでいました。

そして驚いたことに、その実感が腹筋となって見事に達成させる事ができたのです。腹部がぺっちゃんこになったので、本当に良かったと思っています。